第43回日本リーグ
2018-2019 Season
リーグ詳細情報
LEAGUE DETAILED INFORMATION

今週の見所 [第19週]


★★★  第43回日本ハンドボールリーグ・第19週の見どころ  ★★★

 第43回日本ハンドボールリーグは、2月16、17日、群馬、鹿児島などで第18週の男女12試合が行われた。
 男子は北陸電力、大同特殊鋼に連勝したトヨタ車体が大崎電気、豊田合成に次いで3枚目のプレーオフ行きチケットを獲得。女子は三重バイオレットアイリスがプレステージ・インターナショナル アランマーレから白星を奪ったことで、プレーオフ進出争いから飛騨高山ブラックブルズ岐阜が脱落。快走する北國銀行に続くプレーオフ出場権は、オムロン、広島メイプルレッズ、三重、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの4チームによる争いとなった。


 第19週は2月23、24日、富山、愛知などで男子8、女子4試合が組まれている。
 男子は23日、大同が湧永製薬に勝利または、トヨタ紡織九州が車体に敗れれば、この時点で大同のプレーオフ進出が決まり、プレーオフ出場4チームが出揃う。2番手以下の大混戦が続く女子も23日、オムロンがアランマーレから白星を手にすれば、この時点でオムロンは北國に次ぐ2枚目のプレーオフ出場チケットを獲得できる。23日、飛騨高山と戦う三重、24日、HC名古屋と戦うソニーは、プレーオフ出場権獲得のために絶対に落とせない試合となる。

 個人記録では、男子で通算500得点まで車体・藤本純季選手があと2点、400得点まで湧永製薬・谷村遼太選手があと3点、大同・久保侑生選手がフィールドシュート阻止1200本まであと24本、女子では通算400得点まで三重バイオレットアイリス・多田仁美選手があと5点、北國・八十島智美選手があと7点、300得点まで三重・万谷由衣選手があと3点、200得点まで北國・塩田沙代選手があと1点、ソニー・安倍千夏選手があと7点、7m通算得点200得点まで北國・横嶋彩選手があと2点、飛騨高山・田口舞選手がフィールドシュート阻止1200本まであと3本、7m阻止50本まであと1本となっている。






ページトップへ戻る