第44回日本リーグ
2019-2020 Season
リーグ詳細情報
LEAGUE DETAILED INFORMATION

今週の見所 [第1週]


★★★  第44回日本ハンドボールリーグ・第1週の見どころ  ★★★

 第44回日本ハンドボールリーグ・レギュラーシーズンが、7月13日に開幕する。11月30日から12月15日にかけて、熊本での世界選手権を控える女子は、世界選手権後、2020年1月の開幕となるため、男子だけでのスタートとなる。
 今シーズンの男子は、前々回、前回とプレーオフに進出したトヨタ車体(前回優勝)、大崎電気(同2位)、豊田合成(同3位)、大同特殊鋼(同4位)の争いに、前回5位のトヨタ紡織九州、同6位の湧永製薬ら、巻き返しを期すチームがどう絡んでいくかが注目だ。
 3回総当たりでレギュラーシーズンを戦う男子(女子は2回総当たり)も、来年に東京オリンピックを控える代表チームの強化が優先された日程となっていることもあり、各チームとも13日に開幕戦を戦ったあと、1日おいた祝日の15日に2戦目が待ち受けるといった、ハードなスケジュールとなっている。



 第1週、13日は、宮城、沖縄など5会場でいっせいに開幕となる。前回王者のトヨタ車体が琉球コラソン(前回9位)、5月の全日本社会人選手権を制して好スタートを切っている大崎電気は湧永を相手にどんな滑り出しを見せるかとともに、今回から新加入したゴールデンウルヴス福岡が地元・福岡のうきはアリーナで第1回リーグ王者の名門・大同を迎え撃っての初陣でどんな戦いを見せるかが注目される。
 続く15日も福島、愛知などで5試合が組まれている。琉球、福岡以外の8チームが、移動をはさんでの戦いとなるだけに、各チームともうまくコンディションを維持できるかがポイントとなりそうだ。









ページトップへ戻る